見た目もからだも、男の人生は、男性ホルモンが左右する

男たるもの、いくつになっても若々しく、強く元気でありたいと願うものです。

しかし実際のところ、医学的に見て、男の見た目やからだがもっとも輝いているのは、20代です。思い出してみてください。20代の頃は、今よりも髪はフサフサしていて、肌にハリがありシミも少なく、からだにはそれなりに筋肉がついていて弓き締まっていませんでしたか?忙しくても馬力が出たし、気持ちの面でも前向きで、性欲もあったはずです。

しかし、40代に差しかかる頃から、多くの男性が、見た目の変化や気力体力に衰えを感じはじめます。健康診断を受ければ、高血圧や脂質異常症を指摘されたり、糖尿病や肝臓病の予備軍だと判明することもあるでしょう。性欲も減退気味で、「そういえば最近、どうも下半身の元気がないな……」と、気になる人も出てきます。

「年のせいだから仕方ないか」と諦めてしまう前に、ちょっと考えてみてください。同窓会に行ったとき、あなたと同じ年齢とは思えないほど若々しく、気力に満ちた人もいたのではないでしょうか。そういう人は、得てして仕事もうまくいっていて、社会的にも成功しているものです。そんなふうに、いつまでも若々しく元気な人と、年の割に老け込んでしまった人の違いは、どこから生まれてくるのでしょうか。

その大きな原因のひとつが、男性ホルモンの量です。

簡単に言ってしまえば、いつまでも若々しく元気な男性は男性ホルモンの量が多く、反対に心身ともに老け込んでしまった男性は男性ホルモンの量が少ないのです。

ホルモンとは、人間を25メートルプールにたとえると、たった1滴入れただけでその人を変えてしまうほど、非常に強力で繊細な働きをする生理活性物質です。ピコグラムといって、1ミリリットルのなんと1兆分の1の量が加わるだけで、人間の見かけ、からだ、性格にまで影響を及ぼすといわれています。この男性ホルモンの量が、あなたの人生を大きく左右しているといっても、決して過言ではないのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です