若年化するホルモン低下…早い人は40代からはじまっている

男性が若々しくあるために、男性ホルモンの量を高く保つにこしたことはないのですが、人間である限り、どうしてもいつかはその量が下がっていきます。

その時期が、いつ、どんなふうに訪れるのか。この点が問題になってくるわけです。

もともとテストステロンの量は、10歳くらいから急上昇し、これによって男性は男らしいからだつきになって、睾丸も大きくなります。いわゆる第二次性徴期です。その後、20歳くらいでピークを迎えると、30代後半までは高い値を維持します。この時期が、もつとも生殖機能が活性化されています。そして、40歳前後になると、男性ホルモンは下がりはじめます。しかし、その落ち方は非常に緩やか。だから、その時点ではまだ、男性が急に「老い」を感じることはあまりありません。中には、かなり高齢になるまでテストステロン値が落ちない人もいて、そういう人は、いくつになっても元気で、実際、60歳を過ぎても子どもができたりします。

とはいえ、そこまでの人はやはり例外で、一般に50歳を過ぎた頃になると、多くの人がテストステロン値低下の影響を実感します。体調の不具合を感じたり、気分の変化を感じはじめ、男としての自分に自信がなくなってくるのです。

このとき、私たちの体内では、ホルモン上、驚くべき変化が起きています。

私たちはもともと男性も女性も、それぞれ男性ホルモンと女性ホルモンを持っていますが、男性は、第二次性徴期に男性ホルモンが上昇することで、男らしくなります。

しかし、中高年になって男性ホルモンの低下が進むと、からだの中の男性ホルモンと女性ホルモンのパランスに狂いが生じます。その結果、男性なのに女性ホルモンの影響を強く受けるようになってしまい、さまざまな変化が表れるのです。

たとえば筋肉が落ち、脂肪がつきやすくなり、どこか丸みを帯びた体型になってきます。睾丸の萎縮がはじまる人もいるでしょう。

ちなみに、こうしたホルモンパランスの変化は女性のからだの中でも起きています。

ある程度の年齢を過ぎると、どこか男っぽい中年女性や、どこか女っぽい中年男性がちらほらと見られるようになるのは、このためなのです。

さらに、ホルモンパランスが崩れ、女性ホルモンの影響が強くなると、当然、肉体だけでなく、精神的にも不安定になります。不安感や焦り、イライラなどが募り、精神科を受診する人も出てくるでしょう。

と、ここまで読んで、「自分はまだ40歳そこそこだから、まだまだ大丈夫だ」と思った人もいるかもしれません。しかし、残念ながら、油断は禁物です。なぜなら、近年、ホルモン低下の若年化が、医学界で大きな問題になっているからです。

明らかな理由ははっきりしていませんが、運動不足や、食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足などの生活習慣の乱れ、ホルモンの分泌に影響を及ぼしてしまう内分泌かく乱物質を吸い込んだり口にしたりしていることが原因ではないかと、考えられています。

ある日急にからだの衰えを感じ不安といらたちを感じるとき━。それがやってくるのが1年後なのか、10年後なのかは、残念ながら誰にもわかりません。しかし、早め早めに食生活などの生活習慣の改善に取り組むにこしたことはないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です