あなたは大丈夫!?男性ホルモン低下のサインとは

「男性ホルモンの低下に注意しましょう」と言われても、男性の場合、女性のように生理が止まるといったはっきりした変化が見られるわけではありません。男性はいつたい、いつ、どこで、ホルモンの低下に気づけばよいのでしょうか。

その、最初のサインとなるのが、「朝立ち」です。

健康な男性は、夜寝ている間、レム睡眠時に何度か勃起します。これは、性欲や夢とは関係なく起きる、自然な現象。朝立ちは、その状態が朝まで残ったものであり、一般的に、30代のうちはほぼ毎朝勃起します。朝、気づいたときには立っていなかったとしても、夜には勃起していることがほとんどです。

しかし、40歳頃から、「あれ?」という日が出てきます。これが、男性ホルモン低下の最初のサイン。その後朝立ちの回数が減っていったら、要注意です。

ちなみに、みなさんは勃起が起きるときの条件をご存じですか?

精神的にリラックスしていて副交感神経が優位にあること、テストステロンが十分にあること、脳内や血管から一酸化窒素が出てペニスの血管が十分に広がること、そして、十分な睡眠がとれていることなどが挙げられます。

体内の男性ホルモン量は、一日のうちでも変動があり、通常の日常生活を送っている人の場合は、朝が一番増えます。だから、勃起の状態が保たれるわけです。

また、膀胱におしっこがたまっているほうが、勃起しやすくなります。朝起きておしっこをすると勃起が収まるのは、このためです。男性ホルモン低下の重要なサインとなる朝立ちですが、それが減ってきても、単に性欲が落ちたからだと、軽く考える人が案外多いようです。「年をとってきたから、まあ、こんなものかな」と考え、やり過ごしてしまうのです。

40代なら、毎朝でなくとも、週に3回くらいは朝立ちが見られれば、心配いりません。でも、もし、週に1回も見られないようだと、少々問題です。一度、泌尿器科など、男性のアンチエィジング専門医に相談してみたほうがよいでしょう。男性ホルモンの低下はもちろん、動脈硬化など、ほかの問題が隠れている可能性もあるからです。

なお、実際のところ、「最近、何かおかしい」と気づくのは、本人よりも、むしろ家族であることが多いです。

一般に、ホルモンが低下していく速度は非常にゆっくりなため、本人はなかなか気づきません。しかし、ホルモンが低下すると、やる気も体力もなくなりますから、夫婦の性生活にも影響が及びます。以前は活動的だったお父さんが、すっかり出歩かなくなったり、好きだったゴルフもやらなくなって、土日は家でゴロゴロしてばかりいるように・・・。

そんな様子を見かねた家族が、「一度、病院に行ってみたら」と、本人に告げるのです。実は、私のクリニックに相談に来られる患者さんの中には、「妻に言われて来ました」という人がかなりの数にのぼります。

少しでも思い当たるふしがあったら、奥さんやご家族の意見も聞いてみてください。そして、早めに生活を見直して、ホルモン維持に努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です